ライフスタイル

引きこもりがプログラミングスキルを身につけて人生を無双する方法

引きこもりがプログラミングスキルを身につけて人生を無双する方法

自分を引きこもりだと思ってこのサイトを訪れた人へ、まず一言だけ言わせてください。

「まったく引きこもりを治す必要はありません。そのままで大丈夫です。安心してください。」

引きこもりと聞くと、一見悪い印象を持たれがちですがお金さえ稼いでいれば全く問題ないのです。

今は働くことが難しい状況にいるかもしれませんが、プログラミングやパソコンのスキルを少しずつ身につけることで必ず働けるようになってお金も稼げるようになります。

なぜ、こんなにプログラミングやパソコンのスキルを身につけることをオススメしているかというと、最近ではリモートワークなどの多様な働き方が徐々に浸透してきており、会社に出社する必要が無くなり仕事を在宅で完結させられる時代になってきているからです。

そして、その働き方の対象がパソコンを使ったITの分野を中心として起きてきているからです。

そこで、今回は引きこもりのニートでもプログラミングスキルを身につけて人生を無双する方法について詳しく解説します。

 

 

プログラミングとは何か

プログラミングとは何か

プログラミングとは簡単にいうとコンピューターのソフトウェアやハードウェアを制御するたの指示書をパソコンで入力していく作業のことです。

あまり意識することはないかもしれませんが、普段使っているあなたのスマートフォンもプログラミングされたソースコード(指示書)で制御されていて、その中ではプログラムが「0」と「1」の数値に変換され複雑な処理を行われています。

プログラミングは実行したい処理をコンピューターが理解できるように書いていく作業でもあります。

まずプログラミングをするためにはプログラミング言語と呼ばれるものを選び、それをテキストエディター(メモ帳のような物)に書いていく必要があります。

例えばWebサイトを作るプログラミングのお仕事であれば、主にHTMLやCSS、JavaScript、PHPと呼ばれる言語でソースコード(指示書)を書くことが仕事になります。

HTML・CSS入門はコチラ

 

プログラミング言語は何から勉強し始めるべきか

プログラミング言語は何から勉強し始めるべきか

まず最初にプログラミングを勉強するのであればWebで使われている言語から学習していくことをオススメします。

というのも、将来プログラミングを仕事にするのであればWeb系の職種は、独学でも学習しやすく求人数もそこそこ多いので初心者でも仕事につきやすいというメリットがあるからです。

手始めにHTMLやCSSなどのマークアップ言語と呼ばれるものから学んでいき、その後にJavaScriptやPHPなどの本格的なプログラミング言語を勉強していくことをオススメします。

初めて「プログラミング」という言葉に触れる人はなんだか難しそうで、自分にはできる自信がないと思う人もいるかもしれませんが、毎日何かしらのプログラムを書いていれば徐々に慣れてくるので安心してください。

「毎日、プログラムなんて書けないよ!」「楽して勉強したい!」「最短で技術を身につけたい!」という人は、そもそもプログラマーになる以前に努力するつもりがないのかもしれません。

そういう人はメンター(師匠)を自分につけるか、プログラミングスクールで教えてもらいながら学ぶ方法をオススメします。

おすすめのプログラミングスクール

 

ニートがなぜ、プログラミングを勉強する必要があるのか

ニートがなぜ、プログラミングを勉強する必要があるのか

働き方の性質上、他の職種とは大きく異なり、プログラマーなどのITの職種は在宅での働き方が比較的認められやすい状態にあるからです。

というのもニートや引きこもりの期間が長ければ長いほど、その時間に比例してリアルで人に会って話す機会は減っている傾向にあり、対面でのコミュニケーションに苦手意識を持つ人が多いので、出来るだけそういう状況は避けつつ自分のペースで仕事に集中出来るプログラミングの仕事が一番適しているからです。

それ以外にも引きこもりの人は基本的に一人で黙々とする作業や物事を突き詰めていくことが得意な傾向の人が多いため、プログラマーが適職になる可能性が高いのです。

このことから分かる通り引きこもりにとってプログラミングを学習することは将来的の可能性を広げられる大きなチャンスを秘めているのです。

もちろん、最終的に向き不向きは出てきますが、挑戦することに億劫になっていては状況は変わりません。

おすすめのプログラミングスクール

 

ニート = 仕事ができないは大嘘

ニート = 仕事ができないは大嘘

「ニート = 仕事できない」は大嘘で、実際にニートでも仕事は出来る人は沢山います。

ただ自分が伝えたいと思ったことを他人に伝える能力などのコミュニケーションの能力が劣っている人が多いため、その一面だけを見た時に「ニート = 仕事できない」と見られてしまうだけなのです。

プログラマーの仕事は成果物さえ納品してしまえば、実質「仕事が出来る人」と同類の扱われ方になるため技術力があればほとんどの場合問題になることはありません。

ただし場合によっては、いくらプログラミングがメインの仕事といえど仕様を説明する機会が出てくるなど、ある程度会話する場面もあるので多少のコミュニケーション能力は必要になってきます。

 

ニートでも独学でスキルを伸ばす方法

ニートでも独学でスキルを伸ばす方法

今の時代引きこもりながらでも、独学でスキルを伸ばすことは可能です。

まず第一にニートであるということは普通の人よりも時間的に有利な状況にあるため、起きている時間は全て必要な勉強の時間に当てることができます。

無職であれば、スクールに入って教えてもらうと言うことは金銭的に難しいかもしれませんが、今のインターネットが広く行き渡っている時代であれば、ほぼ無料でプログラミングの仕事に必要なスキルを身につけることが出来きます。

例えばその一例として、Progateドットインストールなどの無料のプログラミング学習サービスを利用するという方法があります。

それ以外にも当サイトを無料のプログラミング学習教材として利用していただくことも可能です。

元人工知能研究者のメンタリストDaiGoがプログラミングを学ぶことの意味を語る【人生が変わります】
元人工知能研究者のメンタリストDaiGoがプログラミングを学ぶことの意味を語る【人生が変わります】

長い人生の中『俺は、私は頭が悪いから。。』と諦めてしまう時や、『賢くなりたい』と思ったことはありませんでしたか? もし長年悩み続けた、その問題がたった一つの習い事で解決されるとしたら、あなたはどうしま ...

続きを見る

 

引きこもりに必要な会社選びのポイント

引きこもりに必要な会社選びのポイント

Web専門のプログラミング技術を身につけることができれば、Web制作会社やシステム会社で働くことができますが、どのような会社を選ぶべきか悩むかと思います。

引きこもりやニートであるが故に、職歴のなしの期間が長かったり、学歴が高卒までという状況も考えられますが、IT業界においてはその心配はほとんど不要です。

業界の性質上、物を作れてこそ価値のある人材と認められる成果物主義の世界なので、自分が何が出来るかをきちんと伝えた上で企業側の需要とマッチすればスムーズに働き始めることができます。

ただし引きこもりの会社選びの最低条件として在宅などのリモートワークが可能かどうかや分業が可能かどうかの確認は必ず行うようにしておきましょう。

 

長年引きもりすぎて仕事が怖いなら、まずはクラウドソーシングから

長年引きもりすぎて仕事が怖いなら、まずはクラウドソーシングから

長年引きこもりすぎて、いきなり社会と接点を持ってしまうことが怖いという人はクラウドソーシングと呼ばれる、自宅にいながら仕事を完結できるココナラランサーズクラウドーワークスといわれるサービスを使って少しづつ社会経験を積んでいくことをオススメします。

なぜクラウドソーシングをオススメするのかというと、いきなり実社会に出てフルタイムで働くよりは自分のペースで仕事を受けて、休みたい時は休んで、働きたい時に働くという流れを作りやすいからです

引きこもり期間が長引いてしまうと、なかなかフルタイムで働くというのは体力的に精神的にも難しいと思いますので、自分のできる範囲内のことからゆっくりと始めてみることをオススメします。

 

40代のニートでもプログラマーは目指せるのか

40代のニートでもプログラマーは目指せるのか

プログラマーの定義にもよるのですが会社に所属する形の雇われプログラマーはなかなか難しいかもしれませんが、個人開発者やフリーランスとしてのプログラマーであれば可能です。

30代であれば雇われることは不可能ではないのですが、実際のところ40代となると社会人スキルやプログラミングの実務経験を1から会社で積むことはなかなか難しい年齢なのです。

代わりにクラウドソーシングを使って個人で仕事を受注出来るようになれば、そこで社会人スキルやプログラミングの実務経験を積むことも可能です。

初めの頃は実績作りという気持ちで色んな案件をやってみて、経験値を貯めていくことをオススメします。

ある程度実績を作り終えた頃には、プログラマーにおいて会社に雇われる必要性があまりないことや、稼ぐことに年齢なんて関係ないし、案外一人でも仕事はやっていけるということに気づくはずです。

40代未経験でも出来る案件はコチラ

 

中年の引きこもりでもプログラミングスキルは身につけられるのか

中年の引きこもりでもプログラミングスキルは身につけられるのか

結論から言うと、どんな年齢でもやる気さえあればスキルを身につけることはできます。

もちろんそれがプログラミングであったとしても同じことが言えます。

現に高齢で未経験からプログラミングスキルを身につけている人もいるのですから、中年ぐらいの歳だとまだまだ若いくらいです。

もちろん年齢的なことを考えれば、失敗したくない気持ちや、時間が限られているということも理解できますが、まだちゃんと挑戦もしていないのに年齢だけで物事を判断するのは間違っています。

プログラミングスキルは短時間で身に付けられるようなことではなく徐々に理解していくことです。

それを諦めるか諦めないかは自分自身の判断で決めてください。

おすすめのプログラミングスクール

 

まとめ

引きこもりのニートの人にありがちなことですが、楽してお金を稼ぎたいから「2ch」のようなWebサービスを自分で立ち上げて昔の「ひろゆき」さんのように広告収入で飯を食べていきたいと考える人も少なくないでしょう。

そのような大きいスケールのことを考える前に、とにかく今やらなければならない目先のことに集中して、現時点での自分の努力のできる範囲内のことから少しずつ始めていくようにしましょう。

プログラミングのスキルを正確に正しく身につけることができれば収入面でも精神面でも、あなたを支えてくれる一生の財産になるはずです。

まずは軽い気持ちで始めてみて、一歩一歩着実に自分磨きをしていくように前へ前へ進んで行きましょう。

 

【31日間無料】U-NEXTで話題の映画、アニメ、漫画を見まくろう!

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

  • この記事を書いた人

ゲンキ

物作りが大好きなWEBエンジニア。
高卒でアルバイトを転々とする生活の中、一念発起し独学でプログラミングを習得。
底辺脱出後はWEB制作(フロントエンド / バックエンドの実装)の仕事をして、休みの日は講師業やウェブサービスの運営とブログアフィリエイトで稼ぐ生活をしています。
WEBに関するお困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

-ライフスタイル

Copyright© WordPressサイトで稼ぐ技術 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.